この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

47歳年収300万でも資産4600万円を達成の苦労人は、なぜそれだけの資産を築くことができたのか…インデックス投資中心でも資産が増えた

ななし

本稿で紹介している個別銘柄:バンガード(VT)、マクドナルド(MCD)、コカ・コーラ(KO)

 個人投資家の「ななし@氷河期ブログの人」氏(X:@_teeeeest/以下「ななし」)。ななし氏は1976年生まれの就職氷河期世代。年収300万円から投資を18年ほど続け、老後資産4600万円を貯めることに成功している。

 そんな氏が、長い投資生活の中でどのような経験をしているのか、またどのような手法で投資を行っているのか。全3回にわたってインタビューをお届けする。1回目となる今回は、ななし氏が投資資金をどのように捻出しているのか、また何を参考に投資をしているのかを伺った。

目次

資産は約4600万円 リスク資産は海外ETF、無リスク資産は日本の定期預金

 最新の資産額は、2023年12月10日時点でリスク資産が2380万1691円、無リスク資産が2232万9688円、合わせて4613万1379円です。為替変動で若干は変わりますけど、大体4000万円の真ん中くらいです。

 リスク資産の内訳としては、海外ETF(上場投資信託)を買っています。大きいところではバンガード(tikker:VT)とか、他にも高配当ETFとか、アメリカの小型株とかですね。

 リスク資産といっても個別株は全然持っていなくて、マクドナルド(MCD)とコカ・コーラ(KO)がちょっと。大した金額や比率ではありません。ほとんどがS&P500かオールカントリーに連動するので、リスクはそこまで高くないと考えています。

 無リスク資産は、今は日本の定期預金に入れています。外貨預金は円建てでの変動が大きすぎるので使っていません。

リーマン・ショック中は本で勉強 今も心のよりどころになる名著たち

 投資の参考は本です。僕が投資を始めたときには、日本でそんなにインデックス投資の本が流通していませんでした。今でこそバートン マルキール 著『ウォール街のランダム・ウォーカー』とかチャールズ・エリス著『敗者のゲーム』とかが有名ですが。

今すぐ無料で登録して続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題
この記事の著者
ななし

1976年生まれの超就職氷河期世代&インデックス投資家|年収300万円からコツコツと投資を続けて老後資産が何とか4000万円になりました|少額からでも貯めれるような情報発信をしていきます|氷河期世代が生き残るためのブログを日々更新中|朝のお供にしてください(X:@_teeeeest)

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.