この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

日本経済、二極化へ…2023年「投資してもいい企業、投資してはいけない企業」

 2022年の世界経済は、ロシアによるウクライナ侵攻や上海ロックダウン、欧米のインフレ加速など波乱の一年となった。それらの要因に伴い、日本でも円安が進行し、インフレ率が上昇。多くの企業や個人に打撃を与えた。一方で、経営コンサルタントの小宮一慶氏は「2023年の日本経済は悪くない」と話す。インフレの行方や景気の下支えとなる要因について、小宮氏にうかがった。 

成功しているFRBのソフトランディング…米インフレ率は年前半に5%台に 

 2023年は、日本とアメリカのインフレ率は低下するとみています。ヨーロッパに関してはロシアのウクライナ侵攻が直接、影響するためまだ何とも言えませんが、日本とアメリカの見通しは、決して暗くないと言えるでしょう。

 インフレ率と高い相関関係にある原油価格(ドバイ)は、2022年12月時点で80ドル程度。これは1年前と大きく変わらない数字です。原油価格は2022年1月に80ドルを、3月には100ドルを超え、インフレの大きな要因となりました。ですが、もしいまの原油価格のまま推移すると、米国では、賃金上昇を要因とするインフレは残りますが、資源価格の高騰を要因とするコストプッシュ型のインフレは落ち着いていくはずです。 

 一方、日本のインフレは円安の影響もありましたが、このところ円も落ち着きを見せています。一時は150円を突破しましたが、最近は130円台。しばらくは130円台で推移していくでしょう。そうすると130円台となったのは2022年6月あたりですから、2023年6月ころからは為替レートによるインフレ要因も消えるため、その頃からは日本のインフレ率はかなり下がると考えられます。

 11月の日本の消費者物価指数(生鮮食品を除く)は3.7%と高水準でしたが、上で述べたように資源価格要因も為替要因もある程度落ち着いてきたとなると、インフレはそろそろピークを迎えるはずです。日銀は12月、緩和縮小を打ち出しましたが、インフレ対策という点では影響も小さいですし、その必要はなかったのではないかと考えています。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.