この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

習近平の台湾統一「具体的手段」…蔡英文の日本に対する大きな期待と大きな不安(長島昭久「魂のインタビュー」第2回)

 8月2日夜、米国政治ナンバー3の地位にあるペロシ米下院議員が台湾を訪問し、中国を大いに刺激した。すかさず中国は同月4日、日本のEEZ(排他的経済水域)に弾道ミサイル5発を打ち込み牽制。東アジアの緊張は、かつてないほど高まっている。

 自民党の麻生太郎副総裁も31日、「沖縄、与那国島にしても与論島にしても台湾でドンパチが始まることになれば戦闘区域外とは言い切れないほどの状況になり、戦争が起きる可能性は十分に考えられる」と発言し、日本にとっても台湾有事は他人事ではない可能性を指摘した。

 果たして、安全保障の専門家である長島昭久議員はペロシ訪台をどう捉えているのか。そして台湾有事は本当に起こるのか――。全3回の2回目

第1回はこちら
第3回はこちら

ペロシ訪台情報をリークしたホワイトハウス

――長島議員は7月27日から台湾を訪問されました。訪問団の一人として、蔡英文総統とも会談されています。

長島 台湾の危機感は非常に高まっています。蔡英文総統は、安倍元総理が生前、「台湾有事は日本有事」と述べていたことに触れ、「日本など民主主義国家と協力して、地域の安定に取り組んでいきたい」と述べています。

 私も全く同感で、武力による現状変更はもってのほかですが、中国が台湾に圧力をかけることによって東アジアが不安定化したり、自由な行き来や貿易、交流などが阻害されるような事態は、なんとしても防がなければならないと考えています。

――日米の議員団が台湾を訪問することに「中国を刺激するな」と批判する声もあります。

長島 当たり前ですが日台間には国交がありません。しかし、国会議員同士が行き来して交流を深めることは、本来、誰に咎められることでもありません。

 一方で、中国は「力と数の信奉者」ですから、日本や台湾はアメリカや韓国、欧州などを巻き込んで味方につけ、「力も数も中国よりこちらが上だ」と示し続ける必要があります。

 我々が訪台した直後に、アメリカのペロシ下院議長が訪台したことに対し、中国はかなり過剰な反応を見せました。大規模な軍事演習を展開し、日本のEEZ内にミサイルを発射するなどしましたが、現在のところ、米中間の状況はコントロールされています。

 人権や民主主義を重んじることを政治信条としてきたペロシ氏は、自身の下院議長の任期が近いことを理由に台湾を訪問したいと希望していました。下院議長は大統領、副大統領に次ぐ米政治のナンバー3の立場ですから、訪台によって発せられるメッセージの重さを意識していたのでしょう。

 ただ、ホワイトハウスは今訪問することには難色を示しており、「ペロシ訪台」という情報をフィナンシャル・タイムズ紙にリーク。これによって訪台を阻止しようとしたのですが、むしろペロシ氏の態度は「絶対に行く」と硬化してしまいました。当然、中国は反発します。しかしそれはアメリカも織り込み済みで、訪台直前に行われた米中首脳電話会談で、お互いに「行動は示すが戦争したいわけではない」ことを確認し合っていました。つまり、お互いの出方は分かっており、状況はコントロールされていたのです。

――日本では「中国が大規模演習開始、ついに台湾侵攻間近か」というトーンの解説もありました。

長島 両国が互いにシグナルを送り合い、話し合うラインが残っているうちは、そう簡単には戦争にはなりません。今回も中国は、ペロシ氏が台湾を発ってから演習を始めました。ペロシ氏も南シナ海の上空を通らず、迂回して台湾へ降りています。お互いにある意味では〝歌舞伎〟を演じながら、互いの立場を示しているという状況です。

台湾有事、中国はどう攻めてくるのか

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題
この記事の著者
長島昭久

自由民主党衆議院議員(7期、東京18区: 府中、小金井、武蔵野市)。衆院拉致問題特別委員長。防衛副大臣、総理補佐官、衆院安全保障委員長など歴任。慶應義塾大学大学院および米国ジョンズ・ホプキンス大学SAISで修士号取得。

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.