不動産投資の取引方法

不動産投資の取引方法

不動産投資を行う場合には、当然の事ながら不動産投資用物件を購入する必要があります。

不動産投資用物件の購入を行う際の取引方法には、いくつかの種類があります。

ここでは、不動産投資の取引を行う3つの方法について解説していきます。

目次

仲介

仲介取引

仲介とは、投資用不動産を取引する際に、売主と買主の間に仲介会社(主に不動産会社)が入って取引を行う方法のことです。

この方法は不動産投資用物件に限らず、不動産を取引する際に最も一般的に用いられる方法です。

仲介会社には売主と取引している元付けと、買主と取引している客付けと呼ばれる2つの種類があります。

仲介のメリット

仲介で不動産投資用物件の取引を行うメリットは、不動産の取引の内容に精通した仲介会社が売主と買主の間に入ってくれるため、不動産投資用物件の取引が非常にスムーズに運ぶ点です。

元付けの場合には、売りたい物件の広告などを行ってくれるため買い手が見つかりやすいというメリットがあります。

さらに客付けの場合には、仲介業者が扱っている物件の数が多いため、購入する不動産投資用物件の選択肢が広くなります。

また、客付けの場合には不動産投資についての知識が豊富であるため、不動産投資についてのさまざまなアドバイスを受けることが可能な場合もあります。

仲介のデメリット

仲介業者に不動産投資用物件の取引を依頼する場合には、仲介手数料が必要です。そのため、初期費用が高額になってしまいます。

販売代理

直接売買

販売代理とは、不動産投資用物件の所有者が何らかの理由で売買契約に関われない場合に、売買契約を不動産業者などの第三者に依頼して取引を行う方法のことをいいます。

取引を行う不動産投資用物件が新築マンションなどの場合には、そのマンションの開発業者が販売代理を行うケースもあります。

販売代理のメリット

売主が直接販売契約を結ぶことができない場合でも、不動産業者などの第三者を代理人として物件の取引を依頼し、売買取引を行うことができる点が、この取引方法のメリットです。

正式な不動産投資用物件の所有者が取引の現場にいなくても、不動産の取引が可能です。

また仲介手数料が発生しないため、費用を安価に抑えることができます。

販売代理のデメリット

この取引方法のデメリットは、代理人の権限が強すぎるため、代理人の選定を誤ると取引が不利な条件で行われる可能性があるという点です。

代理人の選定は、慎重に行うようにしましょう。

直接売買

直接売買

直接売買とは、売主と買主が直接不動産投資用物件の取引を行う方法のことです。

個人間の取引となるため、さまざまな法的な制約を受けることがありません。

直接売買のメリット

売主と買主が直接不動産投資用物件の取引を行うため、売主が所有している物件の詳しい情報を買主が売主に直接聞くことができます。

そうすることで買主は、物件に関する正確な情報の入手が可能になります。

また仲介手数料が発生しないため、初期費用を低く抑えることができます。

直接売買のデメリット

直接取引のデメリットは、不動産取引の専門家が取引の契約内容のチェックを行わないため、取引を行う際にトラブルが発生する可能性が他の2つの方法と比べて高いという点です。

直接取引を行う際には、契約内容を慎重に決めるようにしましょう。

まとめ

ここまで、不動産取引の3つの方法とそのメリット・デメリットについて解説してきました。

取引の種類 メリット デメリット
仲介

・様々な物件情報を扱っているため、選択肢が広がる

・専門的なアドバイスを受けられる

・仲介手数料が発生する
販売代理 ・仲介手数料が発生しないケースが多い ・選択できる物件が限定される
直接売買

・仲介手数料が一切かからない

・所有物件のため、物件について詳しい

・条件交渉が直接出来る

・個人間の取引だとトラブルになりやすい

・売り主が業者の場合は、紹介される物件が自社物件に絞られる

それぞれに異なるメリットとデメリットが存在することがお分かりいただけたと思います。不動産投資用物件の取引を行う場合には、それぞれの取引方法の内容とメリット・デメリットをきちんと把握して、自分にメリットが多くトラブルに発展する可能性が低い方法を選択するようにしましょう

みんかぶ編集室

資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

人気の著者

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.