この記事はみんかぶプレミアム会員限定です
FP(ファイナンシャルプランナー)がニュースを斬る

第7回 老後破産 年金生活を襲う悲劇、その原因と対策を知るべし!

古田 靖昭
公開)
old-age-bankruptcy

映画老後の資金がありません!」が10月30日(土)から全国公開されています。

主人公は老後資金問題に関心が高く、節約をモットーとしている53歳の主婦。彼女にはコツコツ貯金して作った老後資金700万円があったのですが、一家5人に数々の事件が発生し700万円がどんどん減ってピンチに陥ってしまいます。

このように老後資金がなくなってしまうことは、どんな人にも起こり得るトラブルです。

目次

そもそも老後破産とは?

今回のテーマ「老後破産」とは、正確にはどのようなものなのでしょうか。

老後破産とは「定年後の年金生活の中で破産状態になり、生活が困窮している状況」を指します。

映画では、天海祐希さんが演じる主人公に、パートのリストラ、夫の失業、義理の父の葬儀、娘の結婚、姑(かなりの浪費家)との同居などの出来事が起こり、老後資金ゼロのピンチに陥ってしまいますが、実はこのような状況は「老後破産」とは言いません。

なぜなら映画の主人公はまだ現役世代で、年金生活前に貯蓄を使い果たしただけだからです。

労働収入が得られる現役時代に起こったピンチは、家計の収支さえ改善できれば、余剰資金で再び貯蓄ができるため、まだまだ挽回のチャンスがあります

しかし同じ状況が10年後や15年後に発生したらどうでしょう。主人公とその夫は65歳で年金生活に入ってしまいますから、リカバリーは非常に困難。かなりの確率で老後破産に陥ると考えられます。

老後破産の原因は5つ

老後破産は、現役時代に所得が低い人だけが陥るというわけではありません。ある程度の収入を得ていて十分な貯蓄がある人でも老後破産に陥るリスクがあります

また老後破産は現役時代に問題が潜んでおり、問題点を探って一つ一つ改善していくことが解決の鍵になります。

老後破産の原因は、大きく分けて5つあります。

  1. 年金が足りない
  2. 生活水準が現役時代と変わらない
  3. 住宅ローンが残っている
  4. 医療費や介護費の増加
  5. 子どもの費用

それぞれの原因についてご説明しましょう。

1.年金が足りない

厚生年金や国民年金などの公的年金のみで生活することは困難とされているので、現役時代のうちに老後資金を準備しておく必要があります。

まずは自分がどのくらい年金をもらえるのか「ねんきん定期便」や「ねんきんネット」で確認しておくようにしましょう。

なお65歳で年金を受給せず「年金の繰下げ受給」の請求を行うと、1月当たり0.7%、最大で42%まで年金額が増額されるため、65歳以降も現役世代と同等の収入が得られるような場合は、年金を繰り下げて受給するとリタイア後の収入を増やすことができます。

2.生活水準が現役時代と変わらない

多くのサラリーマンは50代の給与が最も多く、特に50代半ばから定年に向かう時期が給与のピークとなっています。そして定年退職して年金生活が始まると収入は大幅に減少します。

したがって生活水準を変えないままで年金生活を送ろうとすると、支出が年金収入を大きく上回ることになり、貯蓄がどんどん減って老後破産に陥ってしまいます。

このパターンの老後破産を防ぐためには老後生活に向けて生活水準を見直すことが必要です。

映画では、冒頭の家族4人で生活している時は生活を十分切り詰めています。しかし後半では新たに同居することになった姑の浪費によって生活費が大きく膨らんでしまいました。これを解決するためには、夫婦で姑を説得して浪費癖を改めてもらうしかありません。

3.住宅ローンが残っている

住宅を購入した時の年齢が高かったり、借入時に頭金を減らし借入額を多くしたりしたような場合、住宅ローンの返済期間は退職後まで設定されてしまいます。

このとき退職金で住宅ローンを完済できれば問題は少ないのですが、退職金がないような場合は老後資金を切り崩して返済に充てることになり、老後の資金繰りが困難になってしまいます。

住宅ローンは、借り換えを繰り返して計画的に返済し、定年まで残らないようにすることが望ましいです。

映画「老後の資金がありません!」では、夫の会社の倒産によって退職金が支払われない状況ですから、確実にローンを完済するため、まず夫が再就職する必要があります。さらに再就職で給与が減ったり(勤続年数を考えると)退職金が少ししか出なかったりすることが考えられるため住宅ローンの返済計画を見直す必要もありそうです。

プレミアム会員になると続きを読めます
30日間無料で試してみる
通常 990円 / 月(税込)
みんかぶプレミアムとは

すでに会員の方はログイン

古田 靖昭

保険ライター。保険やファイナンシャルプランに関わる内容を中心に執筆を行っている。2級ファイナンシャルプランニング技能士を取得し、生命保険の営業を経て現在に至る。保険の使い方や制度に関する知識は日々アップデートしている。

関連記事

おすすめ記事

マガジン総合

読みだしたら止まらない! あなたの人生を豊かにする超厳選記事

連載FPがニュースを斬る!

ニュースで報道される事件・事故などをファイナンシャルプランナーが調査!

連載みんかぶ資格部

現在の収入を確実にアップさせる方法として「資格取得」を取り上げます!

連載人生100年時代の生活資金シミュレーション

老後資金の計算をする上で気になるポイントと差を検証していきます!

連載みんかぶFP相談室

みんながもっとハッピーになれるライフプランの魔法をお伝えします!

連載めざせ!理想のポートフォリオ

これから本格的に投資を始める方へ向けた「投資エッセイ」がスタート!

連載子育て30’sの『めざせ!富裕層』大作戦

子育て30’sが資産形成に奮闘する姿をドキュメンタリー形式でお伝えします!

連載2022年はリカレントが熱ちい!

雇用制度改革の必須条件である「リカレント教育」について熱く語ります!

連載FPの"気まぐれ"家計相談

相談経験が豊富なFPが、ライフプランのポイントを解説!

連載お先にライフシフト

「人生100年時代」の新しいライフスタイルをみんなで実現しましょう!

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoについて気になる情報をお届け!

NISA・つみたてNISA

NISA(ニーサ)・つみたて(積立)NISAについて気になる情報をお届け!

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.