この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

竹中平蔵「低所得者はますます生活が苦しくなる」…インフレ・円安・リストラ・治安悪化で日本大混乱(特集:電力ひっ迫「国民生活編」)

 安倍晋三元総理が銃撃された。「なぜこんなことが日本で起きるのか」。この事件は日本の電気料金高騰と無縁のようで、実は大きなつながりがある。みんかぶプレミアム特集「電力ひっ迫」(全9回)の第3回は、国民生活がどうなるかを経済学者の竹中平蔵さんが語る。「ますます生活が苦しくなり、治安悪化も懸念される」。一体日本に何が――。

目次

電気代が上がり、日用品が値上げし、購買力が落ち、消費が落ち込む

 今年の夏は近年で最も厳しい電力需給の逼迫が見込まれ、7月、政府が7年ぶりに全国規模で節電を要請しました。電力逼迫によって、国民の生活にどのような影響が出てくるのでしょうか。

 経済産業省によると、今夏は安定供給に最低限必要な予備率3%をかろうじて確保できる見通しですが、冬季はさらに厳しい状況になると予測されています。10年に一度の厳寒を想定した場合、東北・東京の2エリアでは1月の予備率が1.5%、中部・北陸・関西・中国・四国・九州の6エリアでは同1.9%と、いずれも最低限必要なラインである3%を切る見通しです。

 電力逼迫の原因は、政府が長期の需給見通しについて、まじめに取り組んでいないことにあります。なぜエネルギーの議論が進まないのか。それは、エネルギーの議論と原発の議論は切っても切れないからです。安倍内閣以降、原発によるエネルギー政策を進めてきた閣僚が、内閣の重要なところを支えてきました。政権の長期化によって、「臭い物に蓋をする」空気が蔓延し、議論を先送りにしてきました。そのツケが今きているということなのです。

 昨年9月から、東京電力EPや関西電力など各社の電気料金が値上がりし続けていますが、電力逼迫でこの流れは加速するでしょう。電気料金の値上がりで特に影響を受けるのは、家計における光熱費の割合が高い低所得者です。以前石油ショックで電力代金が上がった時、日本からアルミ精錬産業がなくなりました。電気代に払うお金が増えるのと同時に、日用品の値段も上がる。購買力は低下し、消費が落ち込みます。

電気代の次に値上げする「ライフライン」

プレミアム会員になると続きを読めます
30日間無料で試してみる
通常 990円 / 月(税込)
みんかぶプレミアムとは

すでに会員の方はログイン

竹中 平蔵

経済学者、慶應義塾大学名誉教授。1951年、和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒。博士(経済学)。

関連記事

おすすめ記事

マガジン総合

読みだしたら止まらない! あなたの人生を豊かにする超厳選記事

連載FPがニュースを斬る!

ニュースで報道される事件・事故などをファイナンシャルプランナーが調査!

連載みんかぶ資格部

現在の収入を確実にアップさせる方法として「資格取得」を取り上げます!

連載人生100年時代の生活資金シミュレーション

老後資金の計算をする上で気になるポイントと差を検証していきます!

連載みんかぶFP相談室

みんながもっとハッピーになれるライフプランの魔法をお伝えします!

連載めざせ!理想のポートフォリオ

これから本格的に投資を始める方へ向けた「投資エッセイ」がスタート!

連載子育て30’sの『めざせ!富裕層』大作戦

子育て30’sが資産形成に奮闘する姿をドキュメンタリー形式でお伝えします!

連載2022年はリカレントが熱ちい!

雇用制度改革の必須条件である「リカレント教育」について熱く語ります!

連載FPの"気まぐれ"家計相談

相談経験が豊富なFPが、ライフプランのポイントを解説!

連載お先にライフシフト

「人生100年時代」の新しいライフスタイルをみんなで実現しましょう!

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoについて気になる情報をお届け!

NISA・つみたてNISA

NISA(ニーサ)・つみたて(積立)NISAについて気になる情報をお届け!

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.