この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

松本人志「世間に真実が伝わり、一日も早く、お笑いがしたいです」吉田豪「SNSの嘘と浅さ」に危機感!賑わせる話題に「情報を深堀りしない」有料記事読まない勢が蔓延る

 ダウンタウンの松本人志が「週刊文春」との裁判に注力するため、テレビやSNSなどからしばらく姿を消していた。しかし3月25日、松本人志がX(旧Twitter)に再登場。「世間に真実が伝わり、一日も早く、お笑いがしたいです」とその思いの丈を述べ、SNS民たちを驚かせた。

 みんかぶプレミアム特集「日本・世界経済こう変わる」第7回では、これまで切れ味鋭い分析をしてくれたプロインタビュアー・吉田豪氏が満を持して登場。松本人志の性加害疑惑報道、アイドル界隈、その他ネット上で巻き起こる話題など、“幅広いウォッチャー”として、いま気になることを語ってくれた。

目次

松本報道から見える「ネット分断」

 松本さんの報道に関しては、最近、週刊文春現編集長・竹田聖さんによる“松本報道の初回記事が掲載された号が即完売してかなりの売上になった”という報告と、元編集長・新谷学さんの対談動画やコメントがきっかけで“反文春”の人がかなり増え、潮目が変わってきましたね。でもこれ、ボクが常々行っている話に繋がってくる問題なんですよ。

 今ってネットで情報を集めようとする上ではすごく便利な時代になっていて、もちろんボクも重宝しているんですけれど、タダで得られる情報には限界がある。無料で楽しめる媒体では、“タダ”で得られるレベルのものしか提供されないようになってるんですよね。

 ボクなんかも、テレビで話すレベル、ラジオで話すレベル、無料配信で話せるレベル、有料配信で話せるレベル、有料のクローズドなイベントで話せるレベルと使い分けているし、文章でもTwitterで読めるレベル、無料のネット媒体で読めるレベル、ネットの有料記事や有料の雑誌で読めるレベルと当然使い分けているわけで。無料の媒体だけでも十分楽しめるようにはしているけれど、それはもっと深い部分まで知りたい人を誘い込むための導線でもあるんですよ。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

    この記事はいかがでしたか?
    感想を一言!

この記事の著者
吉田豪

1970年、東京都出身。プロ書評家、プロインタビュアー、ライター。徹底した事前調査をもとにしたインタビューに定評があり、『男気万字固め』、『人間コク宝』シリーズ、『サブカル・スーパースター鬱伝』『吉田豪の喋る!!道場破り プロレスラーガチンコインタビュー集』などインタビュー集を多数手がけている。

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.