NISAは税金がかからない

みんかぶ編集室
公開)
NISAは税金がかからない

ひとこと解説

  • NISA(ニーサ)とは投資初心者をターゲットとした少額非課税制度
  • 新規購入分の株式の、配当や譲渡益が最長5年間非課税になる
  • ただし非課税投資枠は毎年120万円が上限(翌年への繰り越しはできない)
  • NISA口座は1人1口座しか開設できない
  • NISA口座とつみたてNISA口座の同時開設はできない

目次

NISAとは

NISA(ニーサ)とは、「毎年120万円を上限とする新規購入分を対象に、その配当や譲渡益を最長5年間非課税にする制度」です。

通常、株式や投資信託などの投資で得た利益や配当に対して約20%の税金がかかりますが、NISA口座で取引し得た利益には税金がかからなくなります。 このNISAという制度が作られた目的は下記の2点です。

  1. 将来への備えとなる資産づくりの促進(家計の安定的な資産形成の支援)
  2. 経済成長のために家計の金融資産を有効活用(家計からの成長資金の供給拡大)

要するに、貯金ではなく投資をして資産を増やしましょう、そしてそのお金で経済を成長させようということです。

税金が全くかからないというメリットばかりで、デメリットがないようにも聞こえるNISAですが、気をつけないといけない点がいくつかあります。

注意すべき点

NISAで対象となる商品には、制限がある

以下の表のように、証券取引所に上場している株式や、投資信託の値上がり益やその配当金が対象となります。一方、預金や国債などが対象外となります。

そのため、自身が投資したい商品がNISAの対象となっているかを事前に確認しておきましょう。

NISAの適用が受けられる商品 株式や、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)、株式投資信託。また、株式、投資信託などの配当金や、売買益など
NISAの対象外商品 預金や、債券、FX(外国為替証拠金取引)、金・プラチナなど

非課税の期間は5年間

NISAの非課税期間である5年が経過し、NISA口座で金融商品を保有していた場合は、下記の3つの選択肢があります。

NISA(ニーサ)の非課税期間早見表
引用:金融庁HP

1. 翌年の非課税投資枠に移す(ロールオーバー)

NISA口座開設可能期間である2014年~2023年であれば、全額を翌年の非課税投資枠へ移し、保有しつづけることができます。つまり、期間内であれば最大10年間非課税枠がつかえるということです。

また、ロールオーバー時に、保有していた金融商品が値上がりして、限度額である120万円を超えていても投資商品の全てを非課税投資口座に移すことができます。

反対に、保有資産が限度額の120万円満たない場合であっても、ロールオーバーした後、120万円の枠の中で余剰がある分を新規に投資することができます。

2. 課税口座に移す

特定口座や一般口座などの課税口座に移すことで、NISAで保有していた金融商品を保有しつづけることができますが、その後の配当金や売買益などは課税されるようになってしまいます。

3. 売却する

運用を継続せずに、売却することもできます。NISA口座で売却すれば、売却益に税金はかかりません。

損益通算や3年間の損失繰越が出来ない

通常の口座であれば、損失した場合は3年間損失繰越を行い、翌年に利益がでた場合など相殺できるのですが、NISA口座で取引した銘柄の場合はこれができません。

NISA口座は独立した資産として管理され、儲けがでた場合にはメリットは多いのですが損失がでた場合には、デメリットが発生します。

以上のことを考慮して考えると、NISAでは、1年〜5年スパンでじっくり値上がりしそうな銘柄や配当金狙いの銘柄を狙う投資が有効ということになります。

NISAとつみたてNISA

つみたてNISAとは

つみたて(積み立て)ニーサの非課税期間早見表
引用:金融庁HP

一般NISAとは別に、「つみたてNISA」という少額非課税制度が2018年1月からスタートしました。

これは投資初心者をターゲットに少額からの長期・積立・分散投資を支援することを目的とした制度で、20年の間、毎年最大40万円まで非課税投資枠が設定されています。

また、つみたてNISAの対象商品は、金融庁が認可した長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されています。そのため、初心者の方でも安心して商品を選ぶことができます。


NISAの比較表をまとめましたのでご参考にしてください。

NISA比較表
  NISA つみたてNISA
非課税対象 株や投資信託の値上がり益や配当金(分配金) 一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
非課税投資枠 毎年120万まで(翌年への繰り越し不可) 毎年40万まで(翌年への繰り越し不可)
期間 5年間 20年間
投資総額 最大600万まで 最大800万まで
制度継続期間 2014年から2023年 2018年から2037年
口座資格者 日本にお住いの20歳以上の方 日本にお住いの20歳以上の方

NISAからつみたてNISAへの移行

つみたてNISAを含めたNISA口座は1人1口座しか開設することができません。しかし、一般NISAからつみたてNISAへ切り替えることは可能です。

同じ年にNISAとつみたてNISAの併用はできないので、つみたてNISAに切り替えるなら新年のスタートに合わせて行うことをオススメします

例えば、2021年にNISA口座で投資をしてしまうと、2021年はつみたてNISAに変更することができなくなるので、注意が必要です。

また、つみたてNISAへの移行時に、NISA口座で資産を保有していても慌てて売却する必要はありません。つみたてNISAへ切り替えた後も、NISA口座で保有していた資産は購入年から5年間は非課税となります。

しかし、非課税期間である5年が経過した年に一般NISA口座を持っていないと、先ほど説明したロールオーバーを行うことはできなくなります。その際は、保有資産を課税口座へ移行するか売却するという選択を取ることになります。

ちなみに「NISA」の略称についてですが、イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)の日本版として、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)となったそうです。

証券会社によってNISA口座のサービスが異なります。こちらでネット証券各社のNISA口座の比較していますので合わせてチェックしてみてください。

NISA口座のおすすめランキング

NISAは少額から投資を始める初心者の方にとっても、税金を気にせず投資ができる大変嬉しい制度となっていますので、これを機に投資を始めてみてはいかがでしょうか。

みんかぶ編集室

資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

関連記事

おすすめ記事

マガジン総合

読みだしたら止まらない! あなたの人生を豊かにする超厳選記事

連載FPがニュースを斬る!

ニュースで報道される事件・事故などをファイナンシャルプランナーが調査!

連載みんかぶ資格部

現在の収入を確実にアップさせる方法として「資格取得」を取り上げます!

連載人生100年時代の生活資金シミュレーション

老後資金の計算をする上で気になるポイントと差を検証していきます!

連載みんかぶFP相談室

みんながもっとハッピーになれるライフプランの魔法をお伝えします!

連載めざせ!理想のポートフォリオ

これから本格的に投資を始める方へ向けた「投資エッセイ」がスタート!

連載子育て30’sの『めざせ!富裕層』大作戦

子育て30’sが資産形成に奮闘する姿をドキュメンタリー形式でお伝えします!

連載2022年はリカレントが熱ちい!

雇用制度改革の必須条件である「リカレント教育」について熱く語ります!

連載FPの"気まぐれ"家計相談

相談経験が豊富なFPが、ライフプランのポイントを解説!

連載お先にライフシフト

「人生100年時代」の新しいライフスタイルをみんなで実現しましょう!

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoについて気になる情報をお届け!

NISA・つみたてNISA

NISA(ニーサ)・つみたて(積立)NISAについて気になる情報をお届け!

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.