投資のルールと目標を決める

みんかぶ編集室
公開)
rule-goal

ひとこと解説

  • 自分ルールと目標を決める(目標株価、損切株価など)
  • 例:利益の場合、10%上がったら利益確定
  • 損失の場合、10%下がったら損切

詳しく解説

株式投資について、資産の投資方法は「投資期間」や、「投資金額」、「投資スタンス」などによって、大きく変わってきます。

例えば、短期投資などの値動きを狙うデイトレーダーと、退職金を運用し、しかも投資目的が配当金などを狙う長期投資とでは根本的に投資スタンスが異なってきます。

その中で、必ずやっておいてほしいことは、自分目標をしっかりと立てておくことが重要となってきます。今回は長期運用を行う投資家の事例を例に投資目標の立て方について説明していきます。

年金資産などで配当金を目当てに運用を考えている人については、あまり短期的な値下がりを過剰に意識する必要はありません。

安定銘柄と呼ばれる大型銘柄(老舗企業の株)の場合、年間20%前後の値動きで推移している場合が多いため、その半分の10%程度値下がりした場合、さらなる大きな傷を被らないためにも損切りする(損失を承知で株式を売却する)ルールを作っておく。

一方、長期運用といえども、ある程度株価が上昇したら一度利益確定のためいったん売却を行うと資金効率の観点からもよいといわれていますので、20%上昇したら売却するなどのルールを作っておくとよいでしょう。

日本の配当利回りは2%程度ですから、その4倍にあたる8%上昇したら売却を行えば、配当利回りの4倍の利益が手に入るので4年分の利回りを手に入れたら売却するというルールでもいいかもしれません。

【売却ルールの例】
退職金の運用(配当金) 売却時期 理由
売却目標 8%程度上昇 一般的に日本の配当利回りは2%程度ですが、この利回りの4倍(8%)超える上昇となった場合は、資金効率の観点から売却を行った方がよいです
損切価格 10%下降 資金効率の点からも、ある一定程度値を下げた場合、苦しくても損切を行うことが大事です。損失を拡大させるとそれだけ傷が深くなり立ち直れないからです

いまの想定はあくまでも例ですが、株式運用では多くの人が上昇下落問わず、まだ大丈夫と安易に考えてしまいせっかくの利益を確定できなかったケースや、損失を広げてしまったケースがかなりあるようです。

このような事態を防止するためにも自分ルールはきちんと決めてどんなに苦しくてもルールに従い取引することが長期で資産運用していく際のコツになりますので、よく覚えておきましょう。

金融商品メディア

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.