政治・国際情勢で株価が動く

みんかぶ編集室
公開)
政治・国際情勢で株価が動く

ひとこと解説

  • 戦争や紛争などによって影響を受ける(例、クリミア併合、米同時多発テロなど)
  • 経済情勢の変化などによって影響を受ける(例、リーマンショック、東日本大震災など)

詳しく解説

政治や国際情勢は、一見すると株価に関係ないと思われがちですが、国際情勢の変化により株価は大きく左右されます。

最近ではロシアがウクライナのクリミア地域を併合したことをきっかけに、国際情勢が悪化し、株価は下落しました。他にも、シリア情勢、イラク情勢の悪化などによっても株価は大きく動いた過去もあり、国際情勢を無視することはできません。

この主な理由は、経済が世界中でつながっているからです。日本の場合、石油資源の多くを中東に頼っています。その中東で紛争が起こった場合、その資源を輸入する日本の経済に対して大きな影響を及ぼす可能性が高まるのです。

過去には2001年の9月11日にアメリカで同時多発テロ事件が発生したことにより、株価は大きく下落しました。この事件は、世界の金融の中心地であるニューヨークで発生したことから、NYダウは大きく値を下げました。

また、これを受け翌日(日本時間12日)の日経平均株価は600円を超える下落幅を記録しました。

経済情勢の変化によって影響を受ける

経済情勢の変化によっても株価は影響を受けます。最近の事例では、2011年の3月11日に東日本大震災が発生により大きな影響を株式市場は受けました。

この時は、民主党の対応の遅れなども影響し、東京電力(9501)で原発事故による放射能漏れが起こりました。この影響によって、3月15日には日経平均株価は前日比1015円下落の8605円で取引を終えています。

東日本大震災は日本の事象でしたが、情勢の変化によって株価は影響を受けますので、世界を動かす大きな出来事については注意しましょう。

以下の表に2000年以降で、地政学リスクの悪化により株価に影響を与えた主な出来事についてまとめましたので株式売買のご参考にしてください。

過去に株価に影響を与えた出来事
2014年2月 ロシアのクリミア情勢
2013年9月 シリア情勢の悪化
2011年3月 東日本大震災
2010年5月 ギリシャショック
2008年9月 リーマンショック
2001年9月 米同時多発テロ
金融商品メディア

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.