売買代金とは

みんかぶ編集室
公開)
売買金額とは

ひとこと解説

  • 「売買代金」とは、株式市場で売買が成立した金額
  • 市場全体について
      →東証全体では、市場全体の取引が活況かどうか判断できる(2兆円が目安)
  • 個別銘柄について
      →売買代金が大きい銘柄は市場からの注目度が高い
      →出来高同様に売買代金が急増したときは注意が必要

詳しく解説 

売買代金とは、株式市場で売買が成立した金額のことを言います。

この売買代金は東証全体の取引が活発に行われているかどうかの判断基準にもなり、取引が活発に行われているかどうかの基準は2兆円だと言われています。

ただし、この基準については季節要因などもあるため、あくまでも目安として覚えておいてください(お盆などで取引が少ない8月と、決算期などで取引が活発な3月とでは異なってきます)。

個別銘柄で見た場合、売買代金の大きい銘柄はそれだけ市場からの注目度が大きいことの裏付けとなります。

一般的には東証1部の銘柄が売買代金の上位の常連となっています。

コード 銘柄
9984 ソフトバンク
8411 みずほフィナンシャルグループ
7203 トヨタ自動車
8306 三菱UFJフィナンシャルグループ
9983 ファーストリテイリング
9432 NTT
6501 日立製作所
6753 シャープ
8515 アイフル
6758 ソニー

ただし、市場での注目度が突如高まると売買代金が沸騰することがあります。

2014年の例では、ミクシィ(2121)のように市場での期待値が高まった場合、それを材料に買いが急騰しました。

ちなみに、材料は「モンスターストライク」というスマホアプリが爆発的にヒットして、業績の低迷していたミクシィの業績拡大を期待した投資家の買いが集まったためと言われています。

ミクシィ

このようにいくつか市場の期待などによって、売買代金の上位に食い込むケースもあります。以下、いくつか事例をご紹介します。

コード 銘柄 市場 時期 急騰した理由
3765 ガンホー・オンライン・エンターテイメント ジャスダック 2013年4月 「パズドラ」の大ヒット
3791 IGポート ジャスダック 2013年6月 「進撃の巨人」のヒット
2121 ミクシィ マザーズ 2013年12月 「モンスターストライク」のヒット
9204 スカイマーク 1部 2013年11月 東証ジャスダックから東証1部への市場変更を東証が承認(ただし、そのわずか半年で経営悪化)
4755 楽天 1部 2013年12月 東証ジャスダックから東証1部への市場変更を東証が承認
3668 コロプラ 1部 2014年4月 「魔法使いと黒猫のウィズ」の大ヒットが想定以上で上場後たった1年でマザーズから東証1部への市場変更を東証が承認
8585 オリエントコーポレーション 1部 2014年4月 貸金業法の法定金利を29.2%に戻す法案を提出するという思惑買い

オリエントコーポレーション(8585)を例に説明していきます。オリコはオートローンなどを主な収益源としているノンバンクですが、2010年にいわゆる「グレーゾーン金利」について、最高裁判所が違憲判決を出したことで、それまで事実上認められていた出資法の29.2%の上限金利の部分について債務者に返還をすることとなったことから業績が悪化していました。

ただし、2014年4月に自民党の一部の有識者がこの判決によって無効になった29.2%について、再度法案を提出して上限金利を約29%に戻そうという動きが報道されたことで、業績回復期待から売買代金が突如上昇したのです。

オリエントコーポレーション

このように売買代金は基本的には会社の人気度を示していますが、突如何かの拍子に上昇することがあります。

売買代金が突如上昇する銘柄の多くは株価も同時に上昇するケースが多いのでニュースなどに注意してみてください。ライフスタイルに合わせた優待銘柄に投資した場合、運用益とは別の楽しみが得られます。

金融商品メディア

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.