証券コード(銘柄コード)と業種の関係

みんかぶ編集室
証券コード(銘柄コード)と業種の関係

ひとこと解説

  • 証券コード(銘柄コード)と業種には関連性があります
  • 東証では33業種に分かれており、証券コードで大まかに分類されています

詳しく解説

証券コード(銘柄コード)の分類例


株式の銘柄には証券コード(銘柄コード)というものがあります。これは上場企業に割り当てられている4桁の番号です。業種ごとに分かれていて、1000番台から9000番台までとなり、例えば1300番台が水産・農林業、9600~9900番台はサービス業となっています。

東京証券取引所では、株式銘柄を33業種に分類しています。ただし、証券コードは必ずしも業種別に分かれているのではなく、企業が業種変更をしても証券コードは変更されません

また、原則として1300番台には水産・農林業が割り当てられていますが、数字の若い証券コードには、上場不動産投資信託(ETF)の銘柄も多数割り当てられているのが現状です。

例外はありますが、基本として上2桁が業種、下2桁が代表銘柄となっていることが多くなります。7000番台の自動車などでは、トヨタ自動車は7203、日産自動車は7201になり、8000~8200番台の三菱商事は8058、三井物産は8031、伊藤忠商事は8001となっています。

証券コードの上2桁はその企業の業種、下2桁は若い番号ほどその業種の代表銘柄であることが多く、覚えておくと便利です。ただ、最近では、上場企業が増えていることから業種に関係なく2000番台から4000番台のコードが振り分けられることもあるようです。

証券コードは何度も株価の確認をしていると自然と覚えていく企業もあるはずです。どんな時に役に立つのかというと、銘柄検索の時に企業名ではなく、証券コードを入力する方が早い程度でしょうか。

覚えておかなくても特に不都合はないので無理に覚える必要はありませんが、証券コードには業種ごとに決まっているということは覚えておくと良いでしょう。

金融商品メディア

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.