証券会社の手数料はどのくらい違う?

みんかぶ編集室
証券会社の手数料はどれくらい違う?

ひとこと解説

  • 証券会社の手数料はプランで違う
  • 大手総合証券の手数料はネット証券の10倍以上

詳しく解説

株式売買の手数料は、証券会社によってどの程度違いがあるのかということは、投資金額や条件によって異なります。 現物取引では、例えば松井証券1日あたり10万円までの株式売買手数料は無料になり、どの証券会社よりも安くなります。

ただ、10万円を超えると手数料は他のネット証券が安くなります。50万円を超え100万円までの松井証券の手数料1,000円に対し、GMOクリック証券では435円で半額以下になります。

また信用取引では、手数料を現物取引とは別計算とする証券会社も多くあります。信用取引では手数料の他に金利や貸株料もかかります。株式売買の都度手数料がかかるプランや、1日あたりの約定金額の合計によって手数料が決まるプランがあり、証券会社が同じでも手数料の違いがあります。

国内株式だけでも手数料形態はかなり複雑になっています。すべての取引において、一番安い手数料を求めることは現実的ではありません

大手の総合証券での手数料はネット証券よりも高くなります。総合証券では店舗展開しているため、窓口や電話での相談が出来ますが、人件費などの経費が多くかかるため手数料が高くなります

総合証券で100万円の株式買付注文をした場合、約1万円の手数料がかかります。また売却注文でも1万円かかり、往復で2万円の手数料がかかります。この手数料がネット証券のGMOクリック証券であれば、往復でも1,000円以下になります。

証券会社により多少の違いがありますが、ネット証券の手数料は大手の総合証券の手数料に比べ1/10以下になります。

個人の一般投資家は、総合証券よりも手数料が安いネット証券の方が利益を上げやすいでしょう。ネット証券の価格別手数料一覧はこちらです。

ネット証券 価格別手数料一覧

金融商品メディア

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.