債券を取り扱っている証券会社は?

みんかぶ編集室
公開)
債券を取り扱っている証券会社は?

ひとこと解説

  • SBI証券とマネックス証券では独自の債券
  • 楽天証券は外国債券が様々あります

詳しく解説

債権のしくみイメージ

債券とは国や地方公共団体、企業または外国の政府や企業などが、一般投資家からまとまった資金を調達するために発行するものです。

資金調達するために発行するという点では株式と目的は同じですが、あらかじめ利率や満期日などが決められて発行される点が違います。債券を購入すると、定期的に利率分の利子を受け取ることができます。そして、満期日を迎えると、額面金額である償還金を受け取ることができます。

SBI証券

個人向け国債や普通社債を、外貨建て社債など幅広く債券を扱っています。
また高金利で人気のSBI債を扱っているのはSBI証券だけです。米ドル建てではありますが、ウォルト・ディズニーの社債など外国の有名企業の社債も扱っています。 ネット証券で債券投資をするならSBI証券は必須です。

マネックス証券

マネックス債という個人向け債権を独占的に扱っています。
円建てであるため為替リスクもなく、短期で高金利のため毎回完売しています。 また、トルコリラや南アフリカなど外貨建ての債権も扱っています。 マネックス証券も債券投資では抑えておきたい証券会社です。

楽天証券

独自の円建て債券はありませんが、外国債券の取り扱いが多くなります。
米国ドル建てをはじめ、イギリスポンド建て、南アフリカランド建てなど、様々な外国債券を扱っています。 外国債券に興味があれば楽天証券がお勧めです。

ただし、債券は株式とは異なり、どの証券会社でも同じ商品を同じ条件で販売しているわけではありません。 証券会社ごとに、債券の種類や条件が違いますので、リスクやリターンなど十分に理解してから始めて下さい

他にも債券の取り扱いがある証券会社はありますが、まずは上記の証券会社で債券投資を始めてみて下さい。

金融商品メディア

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.