銘柄スクリーニングとは?投資先を簡単に見つける便利な機能をご紹介

みんかぶ編集室
銘柄スクリーニングとは?

「株式投資を始めたものの、どの銘柄に投資をすればよいか分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

日本の上場企業は約3,700社(2021年5月時点)あり、その中から投資する企業を選ぶのは簡単なことではありません。

そんなときに役に立つのが「スクリーニング」です。

スクリーニングとはふるい分けを意味し、設定した条件に当てはまった銘柄を簡単に見つけ出すことができる機能です。

本記事では、投資する銘柄を選定するために行われるスクリーニングについて解説していきます。

目次

スクリーニングの目的

自分が投資したいと思う条件に合致する銘柄を自力で見つけ出すのは、とても大変ですよね。そんなときスクリーニング機能を使用すると、条件を指定することで、簡単に投資したい銘柄を見つけることができるのです。

実際にどのような条件で検索できるのかは、スクリーニングの種類によって異なります。次に、そのスクリーニングの種類について見ていきましょう。

スクリーニングの種類

銘柄スクリーニングの種類は多岐にわたりますが、何を基準に選定したいかによって種類が異なります。株価の暴騰や暴落などチャートの形から選定するのか、好調な業績の企業から探すのか、さまざまな条件があります。

みんかぶの銘柄スクリーニングページでは、スクリーニングの条件が大きく「企業の業績から探す」「株価の値動き(テクニカル)から探す」「テーマから探す」の3種類に分類されており、さまざまな条件を使って詳細な銘柄分析が可能です。

企業の業績から探す(企業業績でスクリーニング)

業績ランキング画像
MINKABUより引用

「企業の業績から探す」では、利益、純資産、(PER、PBRといった)財務指標など、企業の業績によって銘柄のスクリーニングができます。

ここで行うスクリーニングは、業績の良い企業を探したいという人、健全な資産構成の企業を探したいという人などにお勧めします。

みんかぶでは「絶好調な企業」「無借金で頑張る新興企業」といった直感的に分かりやすい条件を用意しており、具体的にどのような条件を設定すればよいか分からないという初心者でも簡単にスクリーニングできます。

株価の値動きから探す (テクニカルでスクリーニング)

値動きランキング画像
MINKABUより引用

「株価の値動きから探す」では、移動平均線、RSI(相対力指数:売られすぎか買われすぎかを判断する指標)といったテクニカル指標を使って銘柄のスクリーニングができます。

ここで行うスクリーニングは、株価の値動きのパターンから上がっている銘柄を探したい人や、割安に評価されている銘柄を探したい人などにお勧めします。

テクニカル指標は数多くあり、初心者が自分で条件を設定するのは難しいのですが、みんかぶでは(先程の「企業業績から探す」と同様に)初心者にも分かりやすい「ゴールデンクロス25日、75日 」「短期売られすぎ銘柄」といったスクリーニング条件を用意しています。

これらの条件を使えば、テクニカル指標の数値を細かく設定する必要はありません。株価の値動きの傾向が表現された条件を選んで、簡単に銘柄を見つけ出すことができます。

テーマから探す (銘柄テーマでスクリーニング)

銘柄テーマ画像
MINKABUより引用

最近の投資の傾向として、業種分類では分けることができない「半導体」や「脱炭素」といったテーマに資金が集まる傾向が強くなっており、みんかぶでは、こうしたテーマで銘柄をスクリーニングする機能も用意しています。

「株テーマから探す」では、「人気テーマランキング」「急上昇テーマランキング」から多くの投資家に人気のあるテーマや注目が集まっているテーマを探すことができます。このようなテーマ株投資について詳しく知りたい人は「テーマ株とは」をご覧ください。

証券会社のスクリーニング機能

次は証券会社のスクリーニング機能について見ていきましょう。

証券会社もさまざまなスクリーニング機能を用意していますが、証券会社によって用意されているスクリーニング機能が異なります。また証券会社では、複数の分類を組み合わせた銘柄検索が可能です。

例えばauカブコム証券は「kabu ナビ」というスクリーニングアプリがあり、200種類を超える多種多様なスクリーニング機能を誇っています。またこのアプリには、値上がり率/値下がり率の高い業種が一目で分かる「ヒートマップ機能」など、初心者も使いやすい機能が備わっています。

そのほかにも、チャートの形状からスクリーニングする機能や、アナリスト評価によってスクリーニングする機能を備えた証券会社もあります。

みんかぶでは、証券会社のスクリーニング機能のランキング「銘柄検索・スクリーニングランキング」があります。こちらを参考にしてスクリーニング機能が充実している証券会社で口座を開設してみるのもよいでしょう。

金融商品メディア

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.